Top > 金融 > しっかりと確かめながら

しっかりと確かめながら

いよいよ始める時という局面では何をおいても下調べを怠ってはならない。

 

トレードを行う前であるならば、起こる事を冷静に眺める事ができる余裕があります。

 

だけれども、ただ一度マーケットの内側に入ってしまうと、受け取り方が自己中心的になりがちで、状況によってはしっかりとした状況がわからなくなるリスクを負います。

そのために考えが理性的な状況で、ちゃんとした準備する事が大事です。

 

"準備"のためには、はじめは己の筋書きを作る事から始めます。

 

将来のマーケットはああだから、この通貨を勝負するみたいな、あなたなりの台本を書いていきます。

 

次はチャートをチェックする事です。

 

それ以前の市場の上がり下がり見定めて、今の値段を確かめます。

 

すると、「今はなかなか安すぎる状況である」あるいは「すでに大多数の投資家の方々が売買しているから今さら慌てて売り(または買い)してもすでに遅すぎるな」ということが分かってきます。

 

買い(または売り)するのが手遅れだなと感じたら、エントリーしないで、それは潔く吹っ切ることが大事です。

 

どう試みても自身の脚本を譲らずに、諦めずに売買すると外国為替市場に跳ね返されてそれどころか損することになる危険性があります。

 

ただしかなりの場面で、準備万端の自らの脚本を書いていくと、買い(または売り)がなすすべがないという具合にはならないと思います。

 

具体的に市場が動意する前のはずだから。

 

その次は、当面はあなたがとろうとする売買ポジションの上下の動きをしっかり把握する事が大事です。

 

仮にドル高に向うであろうという筋書きを描いたのであれば、その外貨の上げ下げに用心しておきます。

 

市場の変化を確認し始めた状態では、まだまだその通貨は分かりやすく変化する様子を見せず、小幅な変動をしているだけでしょう。

 

だけど、その変化をじっくりと見ているとあるポイントでじわじわと、ドル高へと市場が動き始めます。

 

この状況で初めて、ドル買いの注文をします。

 

通常、ここまで注意深く準偏をやっておけばそのトレードで勝てる率は相当高まるはずだ。

 

金融

関連エントリー
しっかりと確かめながらやり繰りに困ったときのキャッシングはノーローンでテスト